読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iwathiの/var/log

「もっと楽に」がテーマ。お家ハックが趣味。趣味が本業。仕事は副業。

材料費120円!L字型省スペースUSBコネクタを自作した話

今日は「120円でできる省スペースL字USBコネクタ」の自作話です。

 

 

前回、デュアルディスプレイの時の設置場所に関して書きました。

iwathi3.hatenablog.com

良い感じの配置になったんですがなんとなく使いづらい 。

ということで目次です。

 

 

 

USBが飛び出してて邪魔

こんな感じでケーブルが飛び出して見栄えも良くない。

また横にぶつかるので無理に寄せすぎるとケーブルの根元を痛めそう。

f:id:iwathi3:20170121203804j:image

 

ディスプレイと干渉

反対側はディスプレイがあるのでまた邪魔になってしまう。

同じく無理に寄せるとケーブルの寿命を縮めそう。

f:id:iwathi3:20170121203822j:image

そんなこんなで見た目がこんな感じで使っててちょっと嫌。

 f:id:iwathi3:20170122092816j:image

L字のUSBは無いものか?

そこでL字のUSBアダプタみたいなのがあればケーブルも後ろに流せる。

かつケーブルも潰して痛めなくて済む。

 

あるけど微妙

探してみるとそれっぽいのが

store.shopping.yahoo.co.jp

 

  

 

 

 

 

 

それっぽいのがあるんだけど

 

そっちじゃない感。

 

横向き(下向き)に方向転換してしまうとイヤホンジャック・SDスロットが埋まる。

なんかいいのないものか。

www.akibaoo.co.jp

お、いいのある。

そうそう、こういうやつ!こういうやつが欲しかった!

200円+250円(送料)=500円か

 

なるほど。

 

でもこれくらいなら自作できそうな気がする。。。

 

 

やはり、先人が作ってる

「USB L字 自作」とかでググると先人の知恵が出てきました。

MicroUSB版だけどこれすごいな。

ほとんどみえないくらい埋まってる。

けどMBAに指すと抜き外しがちょっと大変そう。

 

100円でPDS5022SのUSB部分をスッキリ!

http://airvariable.asablo.jp/blog/2012/01/15/6292416

 

おぉこれはいい感じ!

ということで、これを自作してみよう。

 

制作

材料の調達

材料

 

東京に住んでるんだったら直接秋月に行って買えばいいんだけど

地方にいるため秋月で買うと送料が商品代より高くなる・・・

なので送料一律257円の「札幌貿易 YAHOO店」で購入。

store.shopping.yahoo.co.jp

 

オスもメスもどっちも2個セットで120円。

失敗も考えて2個ずつ購入。

オスーメスの一セットで120円とジュース一本分。

送料を一セット単価として64円くらいなので

総額の単価184円。安いな。(ハンダとか色々必要だけど)

 

store.shopping.yahoo.co.jp

store.shopping.yahoo.co.jp

材料が到着

到着したのがこちら。

こんな感じで2個ずつ袋に入ってる。(写真はメス)

f:id:iwathi3:20170122092918j:image

出してみるとこんな感じでオスはタコみたいに4端子が飛び出てる。

f:id:iwathi3:20170122092931j:image

メスは横からL字になる形で4端子。

f:id:iwathi3:20170122092939j:image

オスの拡大した写真がこちら。微妙に曲がってるもんらしい。

f:id:iwathi3:20170122093006j:image

ハンダ付け

はんだ付けしたものがこちら。

はんだ付けの前にホントはどういう風に組み合わせるのがいいのか試行錯誤が。

けど写真がないので「具体的にどういう風に組み合わせたか」

とか、は読み手側での「運用でカバー」(言いたいだけ)願います。

f:id:iwathi3:20170122093051j:image

別角度から。

f:id:iwathi3:20170122093109j:image

オスとメスの4端子を合わせる形でぶつけるとちょうどスッと隙間にインする

のでそこでハンダ付けすればOK。f:id:iwathi3:20170122093236j:image

あと↓の写真にある4端子の外側にある足みたいな部分は

ハンダの前にオスもメスも真直ぐにしておくといいと思う。

 

そこをハンダ付けすれば固定の役割も果たす、というユーザのことを考えた仕様。

f:id:iwathi3:20170122093041j:image

 

完成

ということでハンダ付け終わり!

動作チェック

パッとみた感じはお互い接触してるところはなさそうだったけど

どっかが短絡してたらショートするかな。ドキドキ。と独りでしながら

USBハブ機能のあるダンボーを接続。 

お、目が光った!

ということは一応通電はOKか!f:id:iwathi3:20170122094055j:image

 

続いてデータ線の部分。

iPhoneを繋いでバックアップをしてみる。

これも無事成功。

ということでハンダ付けも無事できてる模様。

f:id:iwathi3:20170122094104j:image

設置

つけてみるとこんな感じ。

実際作ってみてから分かったけど、飛び出しとしてはあんまり変わらない。(笑)

けどケーブル部分は全部後ろに行くのでそこを痛めるの気にせず寄せられる。

f:id:iwathi3:20170122093151j:image

ということでガンガン寄せたものがこちら。

いい感じに境界がなくなった。f:id:iwathi3:20170122093158j:image

ということで今回は

材料費120円で作るL字USBコネクタ自作の話でした。

 

コスパは稼働面を考えれば既製品を買ったほうが楽かと思う。

けどハンダ付けの練習も出来てしかも若干安い!

と考えればとっても良い選択肢かと。

 

 もし、L字USBが必要ならば、ぜひ!

 

 

おまけ

自作とは関係ないけど、MBAを立てて設置すると電源のケーブルが上を向く。

けど元から付いてるケーブル止め用のクリップ(?)にとめてあげればいい感じに。

コレが地味に感動したのでおまけとして記載。

 

こういう使う用途によって何にでも使えるものを付けといてくれるのすごい助かるなー。

としみじみ思った。

f:id:iwathi3:20170122100340j:image