iwathiの/var/log

機械との親和性向上に向けたお家ハックが趣味。

膝が痛い人にバンテリンのサポータがマジでおすすめ

f:id:iwathi3:20170616073237p:plain

朝起きて立ち上がると

なんとなく膝が痛い、通勤で歩いている時、

地下鉄の昇り降り、机から立ち上がる時、

一日中膝が痛くて憂鬱

的なことが20代後半になって出てきていました。

なんかこれはもう年のせいでしょうがないのかな、と考えてました。

ただ、バンテリンのサポーターを付けたらマジで痛みが無くなって

ストレスが無くなったので

膝が痛くて憂鬱な人へまじでおすすめです。

ヒザ痛の症状

ここ2年くらいで急にヒザが痛くなってきました。

多分運動することが減って、筋肉量が減ったことに起因してるのではないかと思います。

自分の症状としては

  • なんとなくヒザに違和感がある
  • ヒザの皿がグラグラする気がする
  • ヒザが痛くて歩くのが辛い
  • 寝て起きたらヒザが痛くて歩くのも辛い

こんな感じです。

ヒザの痛みの主な原因

こうしたヒザが痛むにも何か原因があるはずなので調べてみたところ

主な原因としては2つくらいあげられるみたいです。

ヒザの不安定さ

ヒザの不安定さ=ヒザの皿に何かしら問題が起きてしまっている状態です。

それがどういった理由によるものなのかというと

変形性膝関節症

ひざの骨や軟骨がすり減ったりもろくなる

クッションとなる部分が無くなり痛みが生まれる

膝蓋骨不安定症

ひざの皿の可動範囲が大きくなったことにより脱臼しやすい

そのため、ひざの皿が度々外れてしまい痛む

ヒザ周辺の血流が悪い

またヒザ周辺の血流の悪さも痛みと関係があるとのことです。

サポータによる予防効果

そのためサポータをすることによる予防効果としては2つあるみたいです。

ヒザの保温

ヒザの周りには筋肉が少ないため冷えやすく

血流が悪くなりやすいそうです。

そのため、ヒザ周りにサポータを装着し温めてあげることで

血流を良くすることで痛みを抑える効果があるとのことです。

ヒザ皿の固定

これは特に私の様にヒザがグラグラする不安定な感じに悩まされている人への

効果が高いと思うのですがサポータによってヒザ皿を固定することで

正しい位置を維持し続けるようにしてくれます。

これはまさしく膝蓋骨不安定症に対する治療方法のようで

ヒザの皿周りの筋肉が弱ってくるとヒザの皿を外側にズラす方向に

筋肉の力がかかり自然とズレてしまうそうです。

ですのでサポータを使って皿を移動を防ぐことが効果的だそうです。

ただ、固定するだけではなく筋肉を鍛えてそもそもの力のバランスも

合わせてあげないといけないみたいですね。

なのでサポーターで痛みを抑えつつゆっくりと筋肉を鍛えてあげることで

痛みを無くすことができるようです。

サポーターの選び方

今回は私が実際に買ったバンテリンのサポーター

バンテリンコーワサポーター 膝(ひざ)専用」

のサイズの選び方に関してです。

私はヒザが痛くてサポーターを調べていた時にたまたま

CMでバンテリンのサポーターがやっており

近くのカワチに行った時ついでで買いました。(1,600円くらいだったと思います。)

ただ、サイズを選ぼうとするとこんな感じの表記でした。

  • 小さめ
  • ふつう
  • 大きめ
  • ゆったり大きめ

「いや、分かんねぇよ」

普通にSとかMとかLとかの表記であれば分かりやすいのですが

なぜかこの様な表記になっています。

ただ身長も体重も平均の男子なので「ふつう」サイズを選択しました。

この様に適当に選んだ結果、実は最適なサイズじゃなかったことが後から判明したので

これを読んでいる人は事前にサイズを測ってからお店に行く、

もしくはポチってくださいね。

ポイントは膝囲(ひざまわり)

計るべきポイントは膝囲(ひざまわり) の長さです。

膝囲といってもそこってどこ?

って話なので説明をすると

「ひざ頭の周囲の長さ」です。

なので巻尺をヒザの頭に付けてぐるりと一周させた長さが

あなたの膝囲となります。

この長さが分かればあとは簡単。

その長さに合わせて先ほどのサイズから選べばいいだけです。

  • 小さめ (31〜34cm)
  • ふつう (34〜37cm)
  • 大きめ (37〜40cm)
  • ゆったり大きめ (40〜43cm)

(ちなみに私は膝囲が40cmで「大きめ」を選ぶべきだったみたいです。次に買うことがあればそっちを買ってみます。)

購入される方はぜひ適切なサイズ選びをしてみてください。

まとめ

ということで膝が痛い人はぜひサポーターを導入して

痛みとはおさらばしてみてください。

その際にはサイズを測る必要があるので家にいる時に測ってみてくださいね。

ちなみに蛇足ですが身体の色々なサイズを測ると意外な発見があるんですよ。

何かと自分の身体のことも知ると面白いので暇なときにでもぜひ。

と、最後ちょっと蛇足しましたが

サポータまじおすすめです。